人気ブログランキング |

はにわブログ haniland.exblog.jp

はにわのしょうもない日常、ものぐさをレポートします


by haniwa-blog
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー

お下がりと出産内祝い。

結構整理してきたつもりだけど、めめの物が増えたので収納場所に苦慮している…。
逆に言えば赤ん坊は何も持っていないのだけど。少しの服とよだれかけ、ガーゼハンカチ、ボディソープ、くし、おむつ関連品。そんなもんですね。シンプル。
増えたのはおもちゃ。メリー以外、お祝いでもらったものだ。それでも2つくらいだったのだが、お下がりで従姉から「だぶったから」と色々頂いてしまった。あと夫側の姪からも少し。

しかしながら2,3年経たないと使えないおもちゃやガーゼで作ってある手のひらより小さいぬいぐるみ?などどうしようかなあと思うものも。ぬいぐるみはカバンにつけれるように細工しようか…。おもちゃは保管しておくしかないねえ。
新品のスタイもお下がりでいくつかもらったけど、そもそも妹からのお下がりが10枚以上あり、使い切れない。開けなければどなたかに回せるかと思うので、そのままとっておくことにした。正直、これはお下がりでは抵抗があるなあと思う用品もあるが(衛生面で)ほとぼり冷めるまでキープ予定。


ところでそろそろ内祝い第一弾を送らなければならない…。夫はデパートへ1人行ってらっしゃいと言ってくれるのだけど、このところ私じゃないとめめが落ち着かないことが増えてきたので、ちょっと心配…。ミルクは3時間以上空けないといけないのだけど、夫は早めにあげたりしちゃうんだよなー(うちは混合)。
親戚はちょっと待ってもらうことにして、友人たちをどうしようか。
一律同じものというわけにはいかないし…。中には過分に頂いてしまった友人もいるし、それぞれ独身・既婚、一人暮らし・実家暮らしでは微妙にチョイスが変わってくる気がする。甘いものを食べない友人にお菓子ってわけにもいかないし。
そもそも若い時ほどしょっちゅう会っているわけではないから、嗜好がコーヒーから日本茶にシフトしている可能性だってある。会っている友人はわかるけども…。

自分が残るものより消え物がいいタイプだから、そういうことも気にしてしまう。でもお菓子食べる習慣がない友人はタオルなんかがいいか…などと通販サイトをにらめっこ。
そもそもじゃあ自分が内祝いをもらうのに、いちいち「これかあ」「甘いの好きじゃないんだよな」などと思っていたかというとそうでもない。頂くだけでありがたいし、むしろ返さなくていいんだよ…と思う。まあ相手も深く考えているわけではないと思うんだよ。しかし…となかなか気になる。

親戚なんかは現金を頂くことが多くて、これもまたどう返したものか…。「お気遣いなく」と言われても、親の顔もあるわけでそんなわけにはいかないし。親戚は後期高齢者がほとんどなので、カタログギフトなどはそぐわない。ギフト券なども地域性もあって使う機会がなかったり…。あああああ。

# by haniwa-blog | 2019-07-20 07:00 | 子育て | Comments(0)
赤子…というか娘のめめはいつの間にか新生児が終わっていた。
1か月健診が6週目くらいにあるので、まだ外出していなかったのだけど、急速に重くなった体重に恐れおののいて、急遽抱っこ紐を買いに行った。
エルゴベビーのオムニってやつ。めめがぐずり始めたので1分くらいで適当に決めてしまった。アダプトとオムニの差は前抱っこができるか否からしいので、迷ったら上位機種買っとけと思いできる方にした。この日のために貯めたポイント、7000円分使って安く買ってやったにゃん。
おむつ交換ついでに夫婦で授乳室を確認、ショッピングモールのそれはお湯もあり至れり尽くせりやな。スタバで味がわからん超速で飲んで帰った。家に帰る前にぐずついたので、授乳ケープをかけ車内で授乳。成功。外出訓練完了。

ところでなるべくあるものを使おうじゃないかシリーズ。

おむつ持参。
f0098447_20521967.jpg

ジップロックにおむつ、ビニル袋、長時間じゃない時はおしりふきじゃなく代わりに洗浄綿のパウチ、使い捨てオムツ替えシート。

所持していたレスポのポーチに入れる。
f0098447_20522339.jpg

オムツサイズがでかくなったら入らなくなるかな?でもそうなってもジップロックに入れて持っていくと思う。おむつポーチを検討したこともあるけど、でかいもんねえ。1,2枚しかもっていかないようなお出かけはかえってかさばるのではないかな。今のところはこの方式で。
ちなみにショッキングピンクバージョンも持っているのだけど、これは私グッズを入れようかと。母乳パッドとか…。今のところ必要ないのだけどね。

めめは一人で寝付けず、いわゆるだ抱っこ癖がついてしまったようだ。所かまわない大胆なゲップと屁、微妙な体臭、とマジおっさん。おっぱい好きなしな…。

# by haniwa-blog | 2019-07-19 19:00 | シンプルライフ | Comments(0)

うちにないもの。

靴を振り返ってみて思い出したのだけど、私はサンダルを持っていない。
もうちょい若い時は履いていたのだけど、最後がいつだったか思い出せない。
夏に暑苦しいかなと思ったりもするのだけど。

話はそれるけど母親の言葉というのは呪縛がある。
「危ないから靴はストラップのあるものを履きなさい」と子供のころに言われた。
つまりミュールはダメなんだね。子どもなんかはうっかり靴が脱げたりするので、
しかもそれが電車に乗るときなんかに起こってしまったら大ごとである。
大人になった今は別に履いてもいいと思うけど、心もとないんだよね。
だからビルケンシュトックのサンダルなんかも履けない。
ストラップが付いているならいいかと言うと…子どものころよく足指を怪我して
一度は傷が化膿してえらいめにあった。
それ以来注意しいしい履いていたが、ここ何年かは別の理由で履かなくなった。
それは足先が出ているとペディキュアをせないかんからだ。
しなくても別にいいと思うけど、そんなにきれいな足先でもないんだよなー。
そして会社には裸足で行くわけにいかないから、履かないしね。焼けるのも嫌
だから休日ごときでは履かない。街に出る時くらいか?
そうするとワンシーズンで10回も履かない気がして、いつしかサンダルを買わなく
なった。
バレエシューズとか履いてたらまあいいんじゃないかと。

ということで仕事柄もあり、ネイルできないのでマニキュアは持っていない。
うちにないもの第2弾である。
結婚式などの時はサロンに行く。せっかくなのでジェルネイルにしていた。
あまり派手ではない単色塗りにして、式の時にはネイルシールで華やかにしている。
(お湯でオフできるの)
で、その後は1か月くらいきれいな爪を楽しむんだけど、オフが面倒くさい。
お金もかかるし。
ということで次回は普通のネイルを塗ってもらおうと思う。そうすれば除光液
のシートを買って自分で落とせばいい。
次回は未定だけども。

ちなみに他に母親の呪縛としては、「夕方に新しいものをおろさない」というのが
ある。
「新しい靴を夕方に履くとなくなる」という迷信なんだけど、子どものころから
これは言われる。
そうなんだ、とまあ守っていました。
母はなぜか他のものに関しても「明日(の朝)から使う」と言うこともある。
歯ブラシとか。私はうっかり朝、新品を出すのを忘れたりするので思い付いた時に
新品にしたいのだけど…としかし半ば習慣になっていたのでわざわざそうしていた。
夫に「迷信だし好きな時に替えれ」と言われ、呪縛はとけた。
母親自身も多分、どこかで疑問に思っていたとは思うw


# by haniwa-blog | 2019-07-18 07:00 | シンプルライフ | Comments(0)
去年の8月に10年前の持ち物の数と比較をしてみたのだけど。
靴に関してはちょっと減っている。

*前回の靴
冠婚用ハイヒール
葬祭用ローヒール
レペット2
レペット風1
UGG3
→1足処分
コーチ1
スニーカー2
→1足処分
スリッポン1
微妙に小さい靴2
→2足処分
となっております。14足か…あとブーツが1つありますね。→処分


現在の靴。
f0098447_00561146.jpg

これに写ってないけどスリッポンがあり、10足。5足も減っている…。
しかも稼働しているのは実は結構少ない。なるべく買い足さずに今あるものを使っていく。
意外とレペットを履いていないんだよなー。どんどん履こう。スーパー行くのでも。
レペット風紺色の靴は結構傷が入っている。次回処分かな。
車通勤だし、働いていると靴の消耗は少ないし、楽なものばかり履いてしまう。
そうすると靴はもっと少なくてもいいのかもね。
2,3年かけて理想の靴をそろえていきたい。
ところで処分した理由は(出産前にほとんどしていた)、そのうち赤子の靴スペースが
必要だなと思ったので。一段空きました。
その更に下段に防災リュックとヘルメット、携帯トイレを置いている。なぜかUGGの箱
が保管されていたので捨て。空いたスペースにホッカイロの買い置きを置くことにする。



# by haniwa-blog | 2019-07-17 07:00 | 一人勝手に特別企画 | Comments(0)

鞄の中身。

鞄の中身、定点観測。

f0098447_22312325.jpg


随分すっきりしたような?妊娠中の体調不良をカバーするものがなくなりましたからね。
今は1人で外出している、しかも近場だけなのでポーチすら持っていない。
これが赤子を連れていくようになったら、母子手帳やらおむつやら大変なことになりそう。
なので自分の荷物は極力減らしていかねばと思っている…。

# by haniwa-blog | 2019-07-16 22:31 | 一人勝手に特別企画 | Comments(0)
車の中に置いていた小銭入れ。夫からお土産にもらった小銭入れにチェンジしてからそのままになっていました。どうしよう。

f0098447_18220905.jpg


捨てずに利用することに。ちょうどバッグチャームが欲しかったの…ということで。しかし自宅にはキーホルダーの部品などあるわけもなく。次回買い出しの時にパーツを見てくることにします。シンプルに革ひもなんかでぶら下げるのもいいですね。

未だに買い物の失敗多くて…もうほんとなんかねえ。戒めにきちんと使うことにするわ。


f0098447_18222302.jpg

お財布も軽いものを買おうかな~と半年くらい言いつつも結局これ。2つ持ってたらどっちか捨てたくなると思うもの…。もしくは財布っぽくないものを買って(ちょっと小さいポーチのような)、財布代わりに使い小物入れとしても使えるようにするか。次、財布を買い替える時はキャッシュレスがもっと進んで、長財布とかいらなくなるような気もする。
# by haniwa-blog | 2019-07-15 07:00 | シンプルライフ | Comments(0)

副業その後。

あの後、なんとか専門分野の記事を書いて承認され、現在2600円程度稼ぐことができました。夫と「これでアイスが買えるにゃん」などと話をしている。しかしながら振込手数料が楽天銀行で100円、他行は500円程度かかるので…。しかも1回1000円以上に限られているため、お仕事がない私はもう少し貯めてから払い戻しする。
しかしながら題字、見出しを書いて本文2500字程度…。赤子を見ながらだったので時間はかかったけども、おそらく正味1時間くらいで書いて800円くらい(*ぼかしています。仮にと思っていただければ)。時給としては悪くはないけど、字数を埋めるのに苦労した。子どもの時は原稿用紙5枚なんて軽く書けていたのだけど。

ちょうど専門分野の記事を書くライターを募集していたので、とりあえずいくつかエントリーしてみた。頭の整理にもなるし、文章も上達することを期待。
簡単なアンケート的なものだと、確かに簡単なんだけど10円とかなんよね。システム料が引かれて8円!もちろんそんなんでも最初はやっていましたが…。うーん。でもチリツモだし…とか色々考える。

# by haniwa-blog | 2019-07-14 07:00 | 結婚生活 | Comments(0)
入院生活は結局、49日にのぼった。びっくりである。
で、帝王切開したこともありしばらくはおとなしくしていた。まあ新生児いますしね…。
しかしながら入院生活が長かったこともあり、ストレスがたまっていたので結構でかけている。最初は退院後3日目だったか…近所のショッピングモールに行った。歩いて。1時間ちょいで帰ってきたけど…なんだったか夫にはわかりにくいものを買ってきたはず。授乳に関するものだったかな。
運転は6月20日に退院してまだ2回しか運転していない。しかもごく近い距離。運転技術は忘れないが、感覚が車を新しくした時並みにぎこちなくて…びっくりしたよ。

病棟内安静だったもので、筋力が落ちているのはわかっていた。なので最近は毎日散歩するようにしている。買い物兼ねてが多いかな…。食料は毎日買わないから、あえて薬局に行ったりコンビニ行ったり。

最近は少々落ち着いてきたけど、もう買いたい欲と食べたい欲がすごくて。スタバ行きたい(病院は某コーヒー専門店だった)、寿司食べたい、コンビニでチョコミント狩りしたい…と欲望果てしなく。落ち込むわ。
食欲がというよりは長かった入院の後遺症だと思う。これからも子どもがいるので制限あるし…と。しかしそこそこに貧困妄想的なものもあり、外食したら罪悪感あるのでまあほどほどに…。溜まったポイント使ったりね。

物はそう買ってない…かも。もうお下がり第2弾とかで収納が…。サイズ60とか80とかのお下がりはまだ使わないし、名付け辞典は「次の人にあげなさい」と言われたものの、次っていつだよーっていう。なかなか片付かない…。

散歩は2時間以内くらいにしているのだけど、もちろんこれは夫の協力あってこそ。夫は引きこもり体質なので大丈夫と言っていたが、所要で出かけたときに階段で息切れしたそうですwそして買ってまだ使っていなかったアウトドア用ズボンがきつくなっていたそうです。ということで夫も野歩きや散歩をすることに。もちろん赤子がいるのでその時は私が在宅。うーん、夫婦ともにやばいですね。






# by haniwa-blog | 2019-07-13 07:00 | 結婚生活 | Comments(0)
産後はだいぶおかしくて(まあ今も)、メンタル削られることが多いのだがヤバイことはまだ整理がついていないので書けない。ちょっと専門の病院にお世話になる可能性すらあるなと思っている…。ので、ちょっと別の悩み事を。

ずっと働いて来てて、今のこの産休状態が時折不思議というか違和感があることがある。何もしていないからな…いや、子育てしてるか…しかしそう思うのは夫が5月末に仕事を辞め、現在は無職なので暇なんですな。もし子が産まれていなければ即仕事なのだが、しばらくは子育てを手伝ってもらっている状態だ。私は床上げまで何も家事しない宣言したし。
夫が仕事を辞めるというのは1年以上も前から予定されていたことであり、独立して仕事が軌道に乗るまでの生活資金もそれなりに用意していた。けども焦るんですな。だって本来なら溶けない貯金のはずだしさ。
で、私は来年春まで育休をとるのだけど、全額妊娠前と同じ給与を頂いている。もちろん多少の在宅ワークが今後もあるし、入院中もリモートして会社PCにアクセスして仕事をしていたとかそういう実績はあるわけだけど。
なので私は無職のようでいて無職ではないのですね。それでも今までのように働いているわけではないので、実感もなく、夫は無職だわで不安が増したっぽい。

何か副収入を…というのを産後2週間で思い立ったわけです。だいぶメンタルやられていたから、育児から逃げもあったのだろうか?よくわからん。思いのほかミルク代やおむつ代がかかったからなのかそこらへんもよくわからん。

で、クラウドワークス的なところに登録してみたのだけど、いやー、私のような業界の者には厳しいねー、という感想です。やっぱりIT系とかイラストが描けるとかキャッチコピーが作れるとかライターとかそういう系じゃないとなかなか。
2週間程度やってみて、稼げたお金は1800円程度。それでも破格だと思う。1件、専門的な案件があって、ちょうど条件にあてはまったのでその金額が稼ぎのほとんどを占めているだけなのだ。
ちょっとしたアンケート的なものも、苦労した割に10円だったりするからな…。夫はあんまり安いものは労力の割に合わないからやるなと慰めてくれるが、そもそもの能力がないので仕事がないんだな。チリツモだわ、と思ってやってる…。
しかしこのブログ見てても思うけど、文章がおかしいことしばしばだからな。ライターなんぞ無理無理。

ブログでアフィルかと思っても、魅惑的コンテンツが作れないwポイントサイト?面倒くさい。適当にやっていた楽天インサイト(アンケートサイト)をくまなくやるくらいかなー。それでも月300ポイント程度ですけど。

なんだかやらない理由しか出てこなくてねえ。まさか妊娠するとも思わず、多少時間ができるとも思わず、何も考えてなかったんですよね。深夜早朝の授乳は夫にまかせ、私は12時~2時くらいに寝て、午前中は寝ているというとても新生児を持つ母とは思えないロング睡眠を保っているので(でも最近、子の泣き声で起きるようになったけどさ)、そんな余裕があるのかもしれないが。

副収入の作り方とか、今までのキャリア形成も半端だな…と落ち込んだけど、よく考えたら分野が違うだけなのでどうしようもないことなのだけどね。クラウド系サービスに自分の職種がマッチしないだけなんだけどさ。

資格の勉強でもするか?しかし何をとるのだろう…これも長年の問題だ。精神保健福祉士をとるつもりだけど、まず専門学校の通信課程に入らないといけないからな。来年春の入学はまだ厳しいと思う…いやどうかな…。
全く関係ない資格をとるか?うーむ、何を?といつもそこで止まってしまうのよね。

結局何もなせないまま、育休が終わるような気がひしひしとする。その前に子育てがあるが…。今は夫がかなり手伝ってくれているが、夏の間くらいだろう。その後はしっかり仕事をしてもらわなければならないからね。
とりあえず育休中に家の掃除というか気になっているところは片づけようと思っている。食器棚に敷いているマットを新しいものにして、いつの間にか溜まった割りばし類を整理するとかね。
客人が最近は増えたが、いまいち部屋がすっきりしていないので、親戚以外はお断りしたい気持ち満載だが、友人たちが訪問してくれると言う。ありがたいことだ。そうだ、先に片づけからだな…。


# by haniwa-blog | 2019-07-12 07:30 | 結婚生活 | Comments(0)

入院中の珍事。

*完全に愚痴です*

先日まで入院していた病院は総合病院ということもあり、実習生をたくさん受け入れていました。

私が入院していた間も3、4校は看護実習生を見たな…という印象です。時期的なものでしょうかねえ。
先に入院していた隣のベッドの方が実習生を受け入れていたようで、時折会話が聞こえていた。『サバサバした性格ですよねw』などと実習生の発言が聞こえて、こちらが冷や冷や勝手にしていたものだw良いのか、そんなこと言ってw
そしてのんびり入院していたら、私にも実習生の受け入れお願いが助産師さんよりあったのであった…。


多分な、経産婦とかある程度年齢がいっている歳を重ねた経験豊富な世代にお願いしていたようなんだ…あと、ある程度入院期間が長くなりそうな人な。実習が2週間なので。
で、俺が引き受けた理由の1つに、親父が同じように実習をお願いする立場なので(全然学校は違うのだけど)事情がわかることもあり引き受けた。そして引き受けたら『実は男子学生が…』と後出しする(てか忘れていたっぽい)助産師さんwいや、もう恥ずかしがる年齢でもないし、嫌な場面は言うからいいっすと引き受けた。産科に就職する男子学生はあんまいないと思うけど、多分母子看護学かなんかで必ず取らないといけない単元なんだと思う。今どきは男女関係なく教育があると思うので。

結果的には男女1人ずつ学生がついたわけだけど、後悔したな…。男子学生が身体的接触を図る場合(バイタルチェックくらいだけど)は女子学生か先生か助産師がついていたし、そもそも侵襲的なことが実習生はできないのでそこは別に気にせず。慣れてきたらNSTで腹も見せてしまったよ。妊婦だからなせた技である。

きつかったのは早朝に再出血して寝込んでいった(精神的に)時にも顔を出されたことかなー…。あー、そこスルーしないんだ、と。しかもほんの数時間前だったのだが、当人たちは前日だと思っていたからな。電子カルテ見てないのか。
多分、結構暇らしく(失礼ながら)というか私も職場で看護実習生を受け入れているのでわかるんですけど、結局できることがほとんどないのでコミュニケーションをとるしかないんですね。そう何人も担当していないので、1時間半とかコミュニケーションタイムがあるわけです。最初は話すことも多かったが、段々話題はないわこちらも都合があるわで苦痛になってきた。
ということで午前午後にコミュニケーションの時間があるようなので、どっちかは風呂予定を入れたり、寝たりしてちょっとずつ接触時間を減らしていったのだった。相談しようにも誰が実習担当の助産師かわからんし、なんというか妊婦メンタルでそういうのが面倒くさいのとうまく伝えることが難しかったから。

というかな、質問が結構くだらないのもあり辟易していたからというのが一番あるかも…。なんで夫との出会いまで言わなきゃなんないのかwあとは『お子さんはもう1人ですよねー』と決めつけられた挙句、直後に『何人子ども欲しいですか?』と言われるとかな。お前今、もう打ち止めみたいな発言したやんけー。『年齢的にもう無理と思うよ、しかも今回の妊娠で問題が多すぎるからもうきつい』とオトナになって返したけどさ。私の情報は全て開示してあるので(カルテにあるものは)、不妊治療したことも知っているはずなんだがな…。
しかし20そこらの学生には想像がつかないのかもしれないとも思うし、仕方ねえとも思う。

しかし質問が超くだらないというか、何を実習でまとめるのかある程度流れを作らないと本人もしんどいと思うのだが…。アセスメント手法が根本的にできていない。つか教官は質問の内容とか事前チェックしていないんかなーともやもやしたわ。それに膨大な質問と時間つぶしのコミュニケーションには疑問が残る。妊娠は病気ではないとはいえ、切迫早産的な要素で管理入院中の私は一応病人である。30分程度の会話にとどめて欲しかった。最後、指導教官が挨拶に見えたらやんわりと伝えようと思ったのだけど、完全スルーだったw最初と初期はご挨拶いただいたのだけど、もうこれでこの学校に対する信頼はガタ落ちになったのであった。別に今後関わることもないと思うけど。

いいかい、学生諸君、用意した質問やアセスメント欄が埋まらなくても、それも勉強なのでそういうものだと思って欲しい。患者はシュミレーターではなく、患者だからね。あと質問内容な十分精査を…興味本位ではダメなんだよ。なぜそれを聞くかはしっかり根拠を持って欲しい。マジ、それをお願いしたい。あと30分くらいでお話は引き上げてくれ…。
なんでもっとはっきり学生や指導教官、助産師に言わなかったのか自分でもなぞ。再出血の時点で出産になってしまってたら、中止をお願いしたと思うけど。

年寄りになるまでにもう入院はしないと心に誓ったけど(誓ってどうにかなるものでもないけど)、もし入院しても今後は絶対に実習生を受け入れるのはやめようと思ったのだった。結構疲れた。

# by haniwa-blog | 2019-07-11 07:00 | 結婚生活 | Comments(0)