はにわブログ haniland.exblog.jp

はにわのしょうもない日常、ものぐさをレポートします


by haniwa-blog
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

冬季休暇

29日から1月3日までお休みをいただいた私です。
院生に冬休みはありません。
正直、学校はいつ休みになったかよくわかりませんでした…。
まあだいたいこんなもんか、と思ったのとバイト先のしゃちょーと
話して、年末勤務決めて「あたしここから来ません」とせんせーに
意思表明して勝手に休みをとるのです。
もちろん、年明けに修論提出があるM2に休みはありません。
頑張れー。

勤務ですが、6連勤だったのですが、間に休みを入れてください
ました。早番、休み、遅番、早番、遅番、早番、あがりっ。
大晦日は遅番、元旦は早番。一番やなパターン(笑)。
実家は父は土日休みの勤め人ですが、母は365日シフト制なの
で、ここ3,4年は適時適当にお正月をするのです。
私も4年前から盆正月関係ない暮らしなので、いいのです。

大晦日は遅番なので、夕食作りがあるのですが、もちろんおそば。
いつも日勤はまかない(1食200円)は昼のみですが、この日は
夕食のおそばを食べていいよ、とのこと。
家には父と帰省した弟しかいないので、面倒見るのが面倒なんで
ありがたく甘えることにします(笑)。
元旦は掃除しないので、1時間遅く来て、1時間遅く帰ります。
例年、元旦はゆっくり利用者さんに起きてもらい、朝は軽食、昼食
を早めに用意し、お節などをつつきます。

勤務的には大変なのですが、楽しみもあります。
GH開所当初は半分くらい子どもさんのところで過ごす利用者の方
がいらっしゃったのですが、高齢化・介護の重度化もあり、今では
ほとんどの方がホームでそのまま新年を迎えます。
理由はいろいろあります。ご本人がホームに慣れてしまって、外泊
が難しかったり、あとこの時期は寒さが大きな理由のひとつです。
家族の事情で帰れない方もいます。うちの実家もそうですが、年末
年始が必ずしも休みという業種ばかりではないんです。
中には日付の感覚がほとんどない利用者さんもいらっしゃいます。
しかし、新年は雰囲気や音の静けさ、お料理で実感が湧きやすい
んです(TV番組もな)。
だからいかにして「ああ、お正月だなあ」と思ってもらえるように、
少しでもその雰囲気を味わっていただけるか、考え実行するのが
自分の仕事です。それがまた楽しみでもあるのです。だから新年
の勤務を割り当ててもらったことは幸福のひとつです。
2日からほとんど通常に戻ってしまうので。
さて、まずは年越しそばの具から考えなければ(そこ?)!
[PR]
by haniwa-blog | 2007-12-30 13:48 | 日記 | Comments(0)