はにわブログ haniland.exblog.jp

はにわのしょうもない日常、ものぐさをレポートします


by haniwa-blog
プロフィールを見る
画像一覧

2015年 11月 03日 ( 1 )

ライブ。

19年ぶりに武田真治さんのライブに行ってきました。

ライブがあることは偶然知りました。2週間くらい前じゃなかったかなー。
10月が9月にね、毎年中洲でジャズフェスがあっているようなんですよ。
行ったことないけど。で、TVで総集編みたいな放送がありまして、見て
いたのですが、真治様が!FRIED PRIDEさんという、これがまたしぶい
ギターとヴォーカルのユニットとコラボしてあって、かっこよかった。
で、氏の現在の音楽活動はいかに?と思うとライブがあった、と。
迷いに迷って1週間前にチケットゲット。

今回、箱は小さなところで、レソラホールという、天神岩田屋の近く。
バーニーズとヴィトンが入ったビルの最上階(5階)。調べたら最大収容
250名くらいらしい。ね、小さいでしょ。
後ろの席だったんですが、小さなホールに椅子を並べる形式だったので、
結構お顔も見えました。スタンディングではなく、座って鑑賞でしたしね。
今回は芸能活動25周年の記念コンサートだったそうです。なので全面
サックスではなく、氏がミュージカルに出演したというエリザベートの歌
も歌われておりました。すごい緊張感だった!

「クロストゥーユー」とか「君の瞳に恋してる」とか往年のナンバーもあり、
19年前に2枚アルバムを出しておられた時の曲は1曲だけ。めちゃいけ
のエンディングでも使用された「恋をしようよ」。これを聴けただけでも良し
とするしかないか…。
まあ今回はバックバンドなしで、FRIEDさんのギター伴奏が主だったので、
仕方ないかもな。

そしてFRIEDさんは毎回ご一緒されていたそうなんですが、各会場で
ゲストが異なり、福岡公演はチェッカーズの藤井尚之氏!真治様がサックス
を志すきっかけとなった神様らしい。藤井氏は福岡出身ですしね。

色々なお話もあり、良かったです。俺は特に大ファンってわけではなく、
武田氏のサックスや曲のファンなんですね。なのでよく知らないところも
多々あるんですが、15年ほど前に顎関節症を患い、色々なプレッシャー
もあったそうなんですね。一時はサックスをやめなきゃいけないところまで
きたそうな。そうかあ。箱の問題もあったと思いますが、19年前のように
2時間バックバンドと吹き続け、っていうのは厳しかったのかもしれません。
途中で休憩あったしね(18時開演、21時前終了、途中15分ほど休憩)。
私も中高とその後も少しサックス吹いてましたけど、歯とか顎とかの影響
はかなり受けましたもん。吹き続けているヒトが吹けなくなるのはつらすぎる。

そして最後の方では会場を走りながら、演奏するという強靭ぶり。
マーチングという、歩きながら演奏する吹奏楽ありますが、あれはすり足
ですからね。ほとんど走りながらってあなた。すごすぎ。
目の前を真治が走り去ったのは、自分の真治キャリアの中で最高潮でした
ね。べったり触るおばさんとかいて、それやめてあげて(演奏中だってば!)
と思った。

ちなみに会場は年齢層がえらい高かった。俺、若い部類だったもん。
そして男性が結構多かった。半々くらい?

で、キャリアが最高潮に達した…と思ったら、終わってサイン会があったんですよ。
どーよ。確かにMCで「最後(福岡公演が最終だったんです)だし、もう希望者
全員にサインしなよ」とヴォーカルのシホさんが言って、冗談かと思ったら、
マジでした。Tシャツかタオル、著書にしますーということで、タオル売り切れ、
Tシャツはサイズがなかったので、著書を買い、並びましたわ。すごく並んだ
けど、15分くらい?それでも某A〇Bの一瞬握手会を違い、結構みなさん
言葉を交わしていたような。しかもね、ホールのロビー。写真制限もなく、皆様
バシバシ撮ってあったわ。前の夫婦とか、話をしているお互いを動画撮影して
いて、いいなあと思ったわ。夫と一緒に行ったのですが、夫は外で待ってたし。
うーむ、写真くらいとるべきだったか。

緊張したー。19年前のライブに行ったこと、数年前に地方のクラブイベントで
の演奏にも行ったことを伝え、また来年にも来てほしいみたいなことを言った
ような気がする…。
実物は顔がすごく小さかった。あと鼻が高くて、彫りが深い。
握手もしてもらい、真治キャリア、あっさり更新。
いやー、マジ行ってよかった。
f0098447_15171858.jpg


[PR]
by haniwa-blog | 2015-11-03 07:00 | イベント | Comments(0)